CROWN WAGON Maniac
スポンサードリンク




          
最安値
        
自動車保険一括見積もり
         
SHOPPING



    
130クラウンのローダウン
category: お車拝見! | author: ggtmagic
クラウンワゴンすーぽあでらっくす!

またまた、ネットで依頼されてクラウンワゴンのローダウンをしました。

ローダウンサスを入れたのだが思ったより下がっていないのと右下がりなのでスプリングカットして調整して欲しい!と言う依頼です。

2000ccの1G-FEなので、2,5リッター用のスプリングなのかあまり下がってなくて、フロントが上がり気味でちょっとバランスが悪いです。

フェンダーアーチで高さを測ると、
左フロント665ミリ、右フロント640ミリ

スプリングをカットして左右とも610ミリになりました。

このクラウン、紺でスーパーデラックスと言う希少な存在?です。
クラウンは低グレードが良いんです。
内装なんかもシンプルでロイヤルサルーンより好きです〜
comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
130サス交換
category: お車拝見! | author: ggtmagic
130Gベンコラ

ネットで依頼されて130Gのサス交換をやりました〜

わざわざ静岡からいらしてくださいました。
130Gのベンコラです。

スプリング&ショック交換とラテラルロッド交換しました。

もう何回スプリング交換やったかな〜
面倒だと言われているクラウンのフロントですが、
もはやぜんぜん面倒な作業ではなくなりました〜

スプリング脱着よりも、ショックの上のナットが締めすぎでネジ山がおかしくなっていてナットが取れなかったり、下側の固定のボルトも締めすぎでネジ山がばかになりそうになっていたりする事があり、手間取ることがあります。

ショックの上下の固定は、そんなに締めなくても大丈夫です!
なんとなく、「しっかり締めないと!」・・・と思って締めすぎになっている事が多いのです。

なんとか外して作業できました。

遠方よりお越し頂きありがとうございました。
comments(13) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
GX71青ヘッド
category: お車拝見! | author: ggtmagic

GX71

このエンジン分かりますか〜

GX71マーク兇料梓1G-GTEUエンジンです。

依頼されてカムカバーを交換したのです。

GX61?の1G-GEのカムカバーで、青字でロゴが書いてあります。

左サイドは後期1G-GTE用のカムカバーです。

1G-GT

ノーマルのカムカバーはこんな感じです。
かなり雰囲気が変わるのです。


GX71

形状はほぼ同じなので、簡単にぽん付け出来ると思いましたが、そんなに甘くありませんでした〜


1G-GT

カムカバーの高さがノーマルよりかなり高いのです。

高さは、高いと言っても左サイドと同じ高さで取り付け自体は無加工で取り付けできます。

ノーマルは水冷インタークーラ取り付けスペース確保の為にかなり薄くなっているんだと思います。


1G-GT
しかしプラグホール上のカバーの取り付け位置が合わなくて、カバーの取り付けできないんです。


仕方ないので、カバーの固定位置のボルト穴を加工しました。

奥まで穴が開いていないので、ドリルで穴を深くまで開け直し、タップを切りました〜

カバーもうまく付きました〜

1G-GT

完成!
もうピカピカでキレイです。
右サイドの青ロゴは見えにくいですが、分かる人には分かるマニアック仕様です。

水冷インタークーラーを撤去して、当時物のHKS製空冷インタークーラーキットがド迫力なんです!!
comments(7) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
SMXのサス交換
category: お車拝見! | author: ggtmagic

ネットで依頼され、SMXのダウンサス交換をしました。

SMXはノーマルサスでもかなり硬くどうもリアが落ち着かなくて跳ねるような感じがあるので、カヤバのショック&スプリングに交換したいとの事!

ノーマルを試乗してみると、確かに硬いサスですが、リアが跳ねてコーナーはちょっと不安になります。
硬いけどスポーティーという感じではありません。



フロントリヤ共ローダウンサスの方がノーマルより短いです。

交換はリアは簡単ですが、フロントはストラットなので多少面倒ですが、問題なく装着できました。


早速試乗してみると、硬い感じはありますが、リアの跳ねる感じはなくなり、しっかり路面に追従する感じです!

交換するまではそれ程変わるか半信半疑でしたが、

コーナーでも不安定な感じはなくなりかなり良い感じです〜

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
GX71GT
category: お車拝見! | author: ggtmagic
GX71クレスタのエンジンオーバーホールの作業がやっと完了しました。

今回は、アベニールのSR20用インタークーラーを装着しました。

大きさ的にもジャストフィットで、ボディーの加工もほとんどしないでセット出来ました。

元々、GX71のツインターボは、水冷インタークラーなのですが、水冷ICを撤去して、パイピングを空冷インタークーラー用に交換してあります。

71GTには、後期型1G-GTに載せ換えするよりも、インタークーラースワップした方が、簡単ですしスマートです。

71GTオーナーにはお勧めですラッキー
comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ローダウン
category: お車拝見! | author: ggtmagic
120系クラウンバンをローダウンしました。

リヤは2インチブロックを入れて、フロントはズームのローダウンサスを使用し、5センチ程下げました。

ワゴンだと下がりすぎてしまう傾向がありますが、バンの場合は5センチダウンで調度良い感じになりました。

バンプラバーまでのクリアランスも十分で、乗り心地も悪くありません。

この位のダウン量が実用的で良いかも!
comments(8) | trackbacks(1) | PAGE TOP↑
GS126V
category: お車拝見! | author: ggtmagic
126V 120系クラウンバンが車検で入庫しました。

120ワゴンに長く乗っていたので懐かしい!
120系は人気がないのか、あまり見かけません。
しかもこの車、「男のベンコラマニアルシフト&パワステなし!」とレアな車です。

ベンコラマニアルなんて、何年ぶり?いや何十年ぶり!
手前に引いて上側が1速だと思ったら、バックでした。
普通はここが1速なんですが、慣れるとこの方が良いかも!

バックしたあとは必ず1速に入れるので、シフトし易いです。
あと、4速までしかありませんが、4速は、「OT」と書いてあるので、オーバートップ?
そう言えば、ギヤ比が高いのか、その辺を走るのに、3速まででまにあってしまうような?

パワステなしも、ぶっといタイヤではないので全く気になりません!
  けっこう快適ですグッド
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
エンジンオーバーホール
category: お車拝見! | author: ggtmagic
GX71クレスタのエンジンオーバーホールの依頼を受けていたので、エンジンを降ろしました。

この71、走行19万キロを超えていますが、メンテナンスもばっちりで特に壊れている訳ではなく、この先も大切に乗って行きたいという事で、エンジンをリフレッシュします。

19万キロ走って、さらにオーバーホールして乗り続けられる「71」はとっても幸せな車ではありませんか!

この先も元気に走れるように、こちらも丁寧に仕上げて行きたいと思います。グッド


comments(5) | trackbacks(10) | PAGE TOP↑
旧車に、ターボ用クーリングファン装着!
category: お車拝見! | author: ggtmagic
1G-GT用クーリングファンMS105クラウンのオーバーヒートの修理をしました。

前回オーバーヒートぎみで、ファンカップリングが良くないので、部品を聞いてみたら、あっさりメーカー在庫もなく新品購入は無理!

・・・他の車の部品が簡単に流用出来る筈もないだろうと思い、1JZのクーリングファンを試しに自分のMS102に付けてみたら、やっぱり羽が当たってしまって無理!

でも羽の外寸と取り付けボルトの位置は同じだったので、もっと違う車種のファンが使えるかも!

そこで、GTZからファンを外して再び実験したら、ぴったり!
まったく無加工でポン付け出来ました。

このツインターボ用のファンを装着すれば、冷却効率はMS105の新品よりも絶対良くなるはず!

下手に電動ファンを追加するより簡単スマートです。
自分のMS102にも付けよっと!
comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
130Gクラウンワゴンのブレーキ強化
category: お車拝見! | author: ggtmagic
日清紡強化ライニング本日okazakiさんのクラウンワゴンに強化ブレーキパット&リヤライニングを装着しました。

最後に少し乗りましたが、ブレーキのあたりが付いていないので、本来のききではないですか、踏んだ瞬間の食いつきがかなり良いのではないかと思いました。

それよりも、このクラウン走行距離が少ないこともありますが、ステアリングの感じも、足回りの感触も、極上コンディションで、まだ新車時の感触が残っているのでは!と思えるくらいでした。

乗り心地も良いし、静かだし、さすが「クラウン!」よいクルマではありませんか!
・・・と再確認しました。

comments(9) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old

管理人のメインサイト
    
blogランキング
最近の記事
記事カテゴリー
過去の記事
最近のコメント
RECENT TRACKBACK
管理人お勧めリンク
ACCESS RANKING アクセスランキング
PROFILE
OTHERS
SEARCH

    
COUNTER
    
    
total
today yesterday
sinse May.2005