CROWN WAGON Maniac
スポンサードリンク




          
最安値
        
自動車保険一括見積もり
         
SHOPPING



    
<< CROWNセンターキャップ | main | SRSエアバック警告灯点灯 >>
旧車のドアレギュレーター修理
category: 自動車修理実践記 | author: ggtmagic
GS126V CROWN

GS126Vクラウンバンのドアレギュレーターを交換しようと部品を頼んでみるも、生産打ち切りで入手不可能!

たいてい、スライドレールの樹脂パーツがダメになっていたりするので、修理は難しそう!

そこで、136V用を使えないか考えてみた!

つづきを読む







comments(4) | - | PAGE TOP↑
画像がないと寂しいので、以前の画像を使いました。
現在は、「粋」なフェンダーミラーが付いていますよ!
by G-GT
さすがG-GTさん、お見事です。
ドアミラーでしたっけ?フェンダーと聞いてたんですが(^^;
by KAR GRAPHICS
こんばんは。
あわよくば、ポン付け出来るかと思いましたが、やはり甘くなかった!
でもなんとかなって良かったです。

136vも内装部品はかなりやばいかもしれませんよ〜
by G-GT
こんばんは。
面白そうなことやってますね^^
私も、こういった加工を要しての流用とか大好きです♪
まぁGTさんは遊んでいるわけではないのでそれどころじゃないかもしれませんが^^;
私の中では新型ですが、もう136Vも旧車の部類ですね(笑)なんといっても昭和64年車!ですから^^;
by みっち






管理人のメインサイト
    
blogランキング
最近の記事
記事カテゴリー
過去の記事
最近のコメント
RECENT TRACKBACK
管理人お勧めリンク
ACCESS RANKING アクセスランキング
PROFILE
OTHERS
SEARCH

    
COUNTER
    
    
total
today yesterday
sinse May.2005