CROWN WAGON Maniac
スポンサードリンク




          
最安値
        
自動車保険一括見積もり
         
SHOPPING



    
<< 1JZ搭載 | main | どなたかGTZクラウンワゴンターボ乗りませんか? >>
部品入手不可能な旧車のサンルーフ製作
category: 旧車 | author: ggtmagic
サンルーフ製作

サンルーフから雨漏れしてたんですが、パネルが錆びて穴が開いて水が浸入していたようです。

この車は昭和54年式、MA45セリカXXです。
外から見た感じ穴は開いていなくて錆が中から浮いているような状態でした。
サンルーフを外してパネルを剥がしてみると中はこんな状態です。

部品を交換したいところですが、当然生産打ち切り部品なので新品入手不可!
板金屋に依頼したのですが、きっとパネルを修復するんだろうな〜と思っていたんです。しかしサンルーフのパネルを新規製作してくれました〜

板金屋さんは「これは大変なんだよな〜屋根のアールをあわせて・・・」
いろいろ説明してくれて、本当に手間がかかって大変なのは分かりますが、ちっとも大変そうな顔をしてないんです。むしろ楽しそうな顔!!

やっぱ高い技術を持った匠は違います!
パネルをちまちま修理なんかしないであえて難しい新規製作を迷わず選ぶんですから〜

技術のない下手な板金屋だと面倒そうな顔して、金額は高く仕上がりも汚い!といった事がよくあるんです。

板金塗装の場合、作業する人の人柄がとっても重要だと思います。
塗装してしまえば中身は分からないので手抜きも可能ですから・・・

高いスキルのある人は難しい面倒な作業も楽しんで作業が出来るようです。
こんな人に車を預ける良いと思いますね〜


サンルーフ製作

裏骨と合体させてサンルーフの出来上がり〜
すげ〜な!
comments(0) | - | PAGE TOP↑






管理人のメインサイト
    
blogランキング
最近の記事
記事カテゴリー
過去の記事
最近のコメント
RECENT TRACKBACK
管理人お勧めリンク
ACCESS RANKING アクセスランキング
PROFILE
OTHERS
SEARCH

    
COUNTER
    
    
total
today yesterday
sinse May.2005