CROWN WAGON Maniac
スポンサードリンク




          
最安値
        
自動車保険一括見積もり
         
SHOPPING



    
<< 旧車クラウンのヒーターコック | main | GA61エンジン仮搭載 >>
1JZ-VVT-i用タコメーター改造
category: エンジンスワップ | author: ggtmagic
インテリア

JZ搭載のMS102クラウンの室内です。

時計改造のタコメーターが1JZ-VVT-i搭載で動かなくなりました。

VVT-i用タコに交換すれば動くようになるんですが、元々時計を改造したタコ基盤をまた作り直さなければならなくなるので、なんとかそのままの基盤を改造して動くようにならないかと試行錯誤してみました。

コンデンサーの交換と入力付近の抵抗を変えてやれば動くようになるみたいなんですが、抵抗変えても動きませんでした。

だいたいどの抵抗を変えれば良いか分からず?
基盤のパターンを追っても良く分からなかった。

タコメータ

でも目ぼしい抵抗は2個しかないんです。1/4ワットだっけか?
その他は小さな1/8ワットなんです。

しかし理屈も何も分からず・・・要するに入力信号が弱いから反応しない訳で適切な入力になるように抵抗を調整してやれば動くようになるはずなんです。

タコメータ

コンデンサーを473から472に変更
2個の抵抗を外してそれぞれに50kΩまでの半固定抵抗をいれました。
仮に接続して半固定抵抗を調整・・・
・・・・するとあっさり動きました。

テスターのタコメーターと照らし合わせて微調整しました。
実際の抵抗値は計ったけど忘れた〜
そのまま半固定抵抗を付けたままFIXしました。

半固定抵抗を調整すれば多少振幅を調整できましたが、いくらでも振幅を調整出来る訳ではないです。
あくまでもメーターが動くための入力信号の適正化しか出来ないと言った感じです。

どうせ、俺のタコメーターは文字盤が時計なので、8時がゼロで9時が1000rpmになってます。

1時間だいたい1000回転です。

文字盤はさすがに作ろうかな〜

comments(0) | - | PAGE TOP↑






管理人のメインサイト
    
blogランキング
最近の記事
記事カテゴリー
過去の記事
最近のコメント
RECENT TRACKBACK
管理人お勧めリンク
ACCESS RANKING アクセスランキング
PROFILE
OTHERS
SEARCH

    
COUNTER
    
    
total
today yesterday
sinse May.2005